古古米ママの育児日記

40歳を過ぎてひさしぶりの育児に奮闘中。。。娘の様子やその時の気持ちを書きます。。。暇があったら是非みて下さい。2016年6月に男の子が生まれました!

ちーたんのお楽しみ会。

今日はちーたんの幼稚園でお楽しみ会&クリスマス会でした。

1か月前から、歌の練習や踊りの練習を頑張っていました。

今日はその練習の成果を発表する日です。去年は、おたふく風邪になり、欠席。今年はママも発表を楽しみにしていました。朝からハイテンションなちーたん。

教室に送って、ママととも君はステージのあるお部屋へ移動。最前列を陣取り、バッチリ、スタンバイ。。。

 

もう少しで、オープニングという所で、担任の先生が、深刻な顔で、ママめがけて走ってきました。。。???何?何?

すると先生が、「ちーたんが、準備中、転んで手をついたみたいで…すごく痛がって泣いています。ちょっと見に来ていただけますか」との事。ちーたんのいる教室に向かう間、頭によぎったのが、

 

「あー今年も見れないのかも…」

 

教室では、先生の膝で大泣きするちーたんの姿。。。

 

「いた〜い、いた〜い。」

 

右の手首あたりを左手で押さえて涙をポロポロ!

こりゃ、病院行きだな。

案の定、病院に連れて行ってもらえますか?の先生の言葉。。。

 

やっぱり、今年も断念か。。。

 

近くにある、病院に連れていき、レントゲンを撮ってもらいましたが異常なしと言われ、そそくさと幼稚園へもどりました。オープニングで歌うはずだったのに、間に合わず、その後にあるお遊戯には間に合いました。泣きはしていませんでしたが、右手はたらーんと下げたまま、左手だけ動かし、後ろを向きお尻フリフリ、それなりに頑張って踊っていました。てんとう虫の衣装をきて、可愛い♡とその姿をみただけで、ママは満足でした。成長した姿、少しだけでもみれてよかったです。

 

控え室にお迎えに行くと、ポロポロ涙を流し、泣いているちーたん。

沢山のお父さん、お母さんの前で踊って緊張していたのか、ママの顔見るなりワンワン泣いてしまいました。

ママも、抱いていたとも君を降ろして、ちーたんを膝の上にのせ、「頑張ったね〜上手だったよ。」と頭をなでてあげました。

しかーし泣き止まず、「痛い、痛い」と…骨には異常なかったし、筋をいためたのかな?位に思いながら、帰宅しました。

 

うちに帰ってからも、痛い痛いといいながら、疲れてもいたので、泣きながら寝てしまいました。

 

数時間後、目が覚めた途端、

「おてていた〜い」と大泣き。。。

手を見ると、たらーんとした感じ。。。

もしや?と思い、違う整形外科に連れていきました。

 

そこの先生が、ちーたんの手を見るなり、「ありゃ、これ外れてるね。」と一言。ひじが脱臼していたのです!先生、ひじの辺りをクリッと一捻り、ちーたん大泣き!

しかし、数分後、どんなに言っても手を挙げなかったのに、先生が「バンザイしてみて」といったら、何もなかったように「バンザーイ」って!スゴイ!

治ったのを確認して、湿布を貼ってもらったちーたん、嬉しそうに、ニコニコしてお家にかえりました。

 

今日は、ちーたんに振り回されてしまいましたが、無事、治って本当によかったと安心したママでした。

 

f:id:misa0323:20161208184557j:image

てんとう虫になったちーたん。

 

 

お遊戯会の服 (No.2) (レディブティックシリーズ (1055))

お遊戯会の服 (No.2) (レディブティックシリーズ (1055))

 

 

 

 

広告を非表示にする