読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

古古米ママの育児日記

40歳を過ぎてひさしぶりの育児に奮闘中。。。娘の様子やその時の気持ちを書きます。。。暇があったら是非みて下さい。2016年6月に男の子が生まれました!

腹を立ててもしょうがない。。。

今、直面している介護問題。。。

今朝は、おばあちゃんの部屋のトイレから何とも言えない臭いがしていました。

私は朝からバタバタしていて臭いには気づいていたものの、トイレをみていませんでした。おばあちゃんは、今日、デイサービスだったのですが、行きたくないといっていたので、主人にその事を話、おばあちゃんにデイサービスに行くように言ってもらいました。

その時、主人が余りの臭いにトイレをのぞいたら、トイレが水浸し、便も尿も混ざった汚水がトイレ全体をビチョビチョに支配していました。

主人が慌てて、古新聞や、マットなどを敷きトイレを棒で突きましたが、無反応、おばあちゃんが、尿とりパットを流してしまっているようでした。。。

 

主人は仕事に行く時間もせまっていたので、私がやるからいいよと、ゴム手袋にスリッパ、バケツと小さいバケツを準備して、まずトイレいっぱいになった汚水をバケツにとり、タオルや古着で床一面の汚水を吸わせ、ゴミ袋へ。

しかし、

トイレの詰まりが治らず、結局、水のトラブル110番に電話して、来てもらいました。。。

みてもらったら、便器を外さないといけない事になり、修理してもらうことに。。。結局、尿とりパットが詰まっていて、無事修理完了!

 

数万円、掛かりましたが、仕方ない、

おばあちゃんも悪気があるわけでもなく、パットを流したという自覚もないので、腹を立ててもしょうがない。

 

でも、今後、また同じ事を繰り返されても毎回数万円は痛い。

 

どうにかして、今回のような事が起きないよう、どうすれば良いか検討しないといけません。

 

おばあちゃんに一番いい方法を…